介護用品を選ぶ際のメリットデメリットをまとめました

年齢を重ねていく中、年々心配になってくるのは親の介護についてです。老後の介護の必要性は人によって全く異なり、亡くなるまで一人で元気に活動できる方から、介護なしにはほとんど動けなくなる方まで様々です。介護施設に入居する方が増えてきてはいますが、まだまだ自宅介護をされる方も一定数いるのが現状です。自宅介護の負担は非常に大きいとされており、仕事や家事もしなければとなるとなおさらです。介護の負担を少しでも減らすため、また、要介護者の安全を確保するために介護用品を導入する家庭が増えてきています。しかし、介護用品の導入にも良いことばかりではなく、それなりのデメリットや負担が発生します。この記事では、介護用品が介護者及び被介護者にどのような影響を与えるのか、その導入に際しどのようなメリット、デメリットがあるのかを紹介していきます。

介護用品を導入することのメリット

まずは介護用品を導入することのメリットについて説明していきます。何よりも重要なのは、介護者の負担を大きく減らすことができる、ということです。例えば、電動昇降機付きのベッドを導入することで、介護者が要介護者をベッドに寝かせる際の負担が大きく減らせます。入浴や排せつの際にも、介護用品を取り付けておくことで、介護者の補助を最小限にすることができます。介護者だけでなく、要介護者にも、良い影響があります。介護者が要介護者の一挙手一投足を手助けしてしまうと、要介護者の自分で行動しようとする意志をそいでしまうことがあります。介護用品を設置してできる限り要介護者に自分で行動させることにより、要介護者の体力の衰えを防止し、心の健康も保つことができます。また、軽度の要介護者でも、スロープや手すりの設置によって万が一何か起きた時に防ぐことができます。

介護用品を導入することのデメリット

介護用品を導入する際にはいくつかの問題、注意点があります。まず、介護用品には大きなものや、設置に工事が必要なものもあります。介護用品を購入、設置するにはそれなりの金額が必要だと思っておいたほうが良いでしょう。場合によっては介護施設に入居したほうが安く済むこともあるかもしれません。また、賃貸の場合は介護用品によっては設置できない場合があるので注意しましょう。また、設置できたとしても、介護ベッドなどの大きなものは移動が困難なため、レイアウトには注意が必要です。介護用品の新規購入にはかなりの額がかかりますが、介護用品を取り扱っているところではレンタルを行っている場合もあります。介護用品を購入するまでの間利用したい、施設から一時的に帰宅した際に利用したいなどといった方はこちらのサービスを利用するのも良いでしょう。

動画や音声を使った商品解説。症状からの商品検索等、はじめて介護をする方にも安心して利用いただけます。 車いす、ステッキ、介護食、紙おむつ、シルバーカー、介護用のトイレ、介護むけ雑貨品など介護用品全般。 弊社の商品はどれも丈夫で長く使えると評判です。 介護用品は分かりずらい。そんな思いに応える動画による解説ならびに当社独自の検索システム。 介護用品を揃えるなら専門ショップのこちらが便利です