どのような介護用品が介護者に好まれるのかを徹底比較しました

介護用品とは要介護者ご本人が日常生活における動作能力を維持すること、もしくは改善することを目的に使用する道具の事を指します。具体的な介護用品の例として、紙おむつやリハビリパンツ、入浴や排泄を補助してくれる物などが挙げられます。これらの製品はドラッグストアなどの身近な場所をはじめ、最近ではインターネットの通販サイトでも手軽に購入できるようになり、その種類も様々です。実用性や機能性を重視することが基本ですが、最近ではデザイン性の高い商品も増えており、日常生活に彩りを添えるお洒落な商品も人気を集めています。介護を必要とされる方がより快適に日常生活を送るために必要不可欠な介護用品だからこそ、必要とするケアの段階や、介護者の目線に立った製品選びが大切です。申請を行えば、介護保険制度を利用して介護用品の支給、あるいはレンタルが可能な場合もあり、利用する方の経済的負担を軽減することができます。

介護用品の選び方の重要性と介護者に与える影響とは

介護用品を正しく選ぶことは、快適に生活することはもちろん、日常生活における怪我などの防止にも繋がります。入浴に関連する介護用品を例に挙げると、洗い場と浴槽の底に高低差がある場合に役立つのが浴槽内いすや入浴台です。自力での動作に不安がある場合には、浴槽グリップや滑り止めマットを設置することで、浴槽内での転倒を防ぐことが出来ます。脚力が低下している場合には、安全にシャワーを浴びることができて介助者の負担も軽減できる入浴用いすが便利です。このように介護者の方がどのような補助を必要としているのかに応じて介護用品を使い分けることが大切です。また介護者の方にとってメリハリのある生活リズムを作ることは重要です。歩行が難しい場合でもベッドから離れて生活ができる車椅子の活用、快適な睡眠や食生活の豊かさを維持する為の補助器具は、自立度を下げないために重要な役割を果たします。

段階に応じて適切な介護用品を選びましょう

高齢者にとって生活の質の向上にも繋がると言われているほど重要なのが、自立して排泄ができることです。そうしたことから自立支援のできる介護用品が注目されています。介護者自身で排泄ができる場合、動作の補助に役立つのがトイレ用手すりの他、補高便座、昇降便座といった介護用品の活用です。介護者が自力で排泄できるもののトイレまでの移動に不安がある場合、一部に介助を必要とする場合には、紙おむつの他、室内に置く事ができるポータブルトイレの活用が有効です。自力での排泄が難しく、全介助を必要とする場合には、紙おむつの利用、自動採尿器を使うことが、介護者・介助者双方の負担を減らすことに繋がります。日常生活における基本的な動作をケアの段階に応じて適切に補助してくれる介護用品を選び、生活の質を向上させることが、介護者自身の肉体的、精神的ストレスを軽減し、快適な生活を送ることに繋がります。